PCウィルスの対策について

年金の個人情報の流出がウィルスの怖さを実感させてくれていると思います。今日は、今一度PCウィルスの対策について考察してみたいと思います。

PCウィルスの感染経路

ウィルスはPCの内部から発生するものではありません。外部から侵入してくるものです。多くがインターネット通じてや外部メディアがその侵入経路となっています。

①インターネットを介した感染

まず、最もウィルスを運ぶものがメールです。
添付ファイルにウィルスが仕込まれていたり、メールに書かれたURLにアクセスするとウィルスに感染するという悪意ある仕掛けが施されています。
そう、メールを開封するだけでなく、ホームページにアクセスするだけで
ウィルスに感染してしまうんですね。

特に見知らぬ人からのメールの圧縮ファイル(「.exe」の拡張子が付いた実行ファイルや「.zip」の拡張子が付いた圧縮ファイル)のダウンロードをすることは非常に危険になります。

無料で配布されているものにはまず疑ってかかるべきで、安易に実行したり、解凍すると大変なことになります。

もっと悪質な場合には、正規のサービス本物そっくりに作られたWEBサイトにウィルスが仕込まれているケースがあります。

正規のサイトに何者かがウィルスを仕込み、その正規のサイトにアクセスしたユーザーがウィルスに感染するという事例も確認されているようです。

他にはネットワークを経由して、ワームと呼ばれる自己増殖するマルウェアが侵入する可能性もあります。

②外部メディアを介しての感染

USBなどの外部メディアはウィルスを簡単に運ぶことができます。
本人の気付かぬうちに感染したUSBを借りて使用することで簡単に感染してしまいます。

外部メディアが感染経路の1つになります。他人の外部メディア使用時にはウィルスチェックするなど細心の注意を図りましょう。

ウィルス侵入の防止策/対策

①「開かない」「URLをクリックしない」「ダウンロードしない」
ハッキリ言える防止策/対策は、怪しいメールやサイトに近寄らない。見知らぬメールの添付ファイルを開かない。見知らぬサイトに安易に近づかないことです。

当ブログでも過去に説明いたしましたが、無料無修正アダルトサイトは悪意のあるウィルスの温床となっています。感染して慌てる前に十分理解しておきましょう。

「無料アダルトサイトに潜む危険な罠」について読んでみる

怪しいメールやサイトは、「開かない」「URLをクリックしない」「ダウンロードしない」と覚えておきましょう。

②ウィルス対策ソフトウェアやOSの更新

ウィルス開発者はソフトウェアの脆弱性をついてくるのが常道です。
利用するウィルス対策ソフトウェアは、常に最新版に更新しましょう。OSに関しても同じです。

③外部メディアの自動実行をオフに設定する

他人の外部メディアをPCに接続すると自動実行をオフにしていないと、コマンドが自動実行されてウィルスに感染してしまうことがあります。

これを防ぐためにデバイスが「自動再生」されないように、PC側を設定対策しておきましょう。

如何でしょうか。正しいPCウィルスの対策の知識を持ち、楽しいインターネットライフをしましょう。


↓よかったらポチッとお願いします↓
アダルト村ランキング

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP